プロモーションの意味とは?手法などの基礎知識と3つのポイントを解説

「プロモーションってどんな意味があるの?」

そのようなご質問にお答えします。

本記事の内容
・プロモーションの意味
・プロモーションの手法やツール
・プロモーションを行う際の3つのポイント

近年、さまざまな所で耳にするようになった「プロモーション」の正しい意味をご存じでしょうか。

マーケティングの世界を中心によく使われる言葉ですが、意味を知らないままなんとなく使っている方は少なくありません。

そこで本記事では、プロモーションの意味や手法、用いるツールなど、基礎的な内容をご紹介します。

プロモーションを行う際のポイントも解説していますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

プロモーションの意味とは?

プロモーションの意味とは?

プロモーションとは、企業と消費者間で行うコミュニケーション全般を指します。

プロモーションと一括りにいっても内容は多岐にわたるため、広義の意味と狭義の意味に分けて考えられるのが特徴です。

広義のプロモーション

広義では、先ほどもご紹介したように企業と消費者間で行われるコミュニケーション全般を指します。

内容は以下の4つです。

・広告宣伝
CMや新聞といったマス広告やWeb広告など、有料の媒体で行うのが広告宣伝です。
主に、商品やサービス、ブランドの認知拡大を目的に使用されます。

・PR(パブリックリレーションズ)
企業と消費者間で良い関係を築くために行うコミュニケーション活動がPRです。
広報=PRと言われることもありますが、広報は商品・サービスなどの情報をPRする手段の一つです。

・セールスプロモーション(販売促進)
消費者の購買意欲を促すための活動がセールスプロモーションです。
実際、購入に結び付けることを目的に行います。

・人的販売
見込み客や顧客に対して、営業担当者や販売員が直接販売活動することを人的販売といいます。
主に、商品やサービスの理解度アップや信頼関係構築を目的として行います。

広義では、4つを総称してプロモーションと呼び、企業からの一方的な活動だけでなく消費者と相互の関係を指します。

狭義のプロモーション

狭義では、先ほどご紹介した4つのうちのセールスプロモーション(販売促進)がプロモーションとして使われています。

しかし、マーケティングの世界では、広告で商品やサービス、ブランドを知ってもらった上でセールスプロモーションを行うため、広告とセールスプロモーションを混合して使うことが多いです。

プロモーションの4つの手法

プロモーションの4つの手法

プロモーションの手法には、以下の4つがあります。

・試用手法
・プレミアム手法
・プライス手法
・制度手法

それぞれ、詳しく見てみましょう。

試用手法

試用手法は、消費者に対して試用の機会を提供する手法で、3つのやり方があります。

・デモンストレーション:商品やサービスについて詳しく説明して魅力を伝える

・モニタリング:商品やサービスを試用してもらい意見を聞く

・プロダクトサンプリング:試供品を配布する

たとえば、家電量販店などで製品を使いながら説明するのはデモンストレーション、スーパーなどの試食や試飲はプロダクトサンプリングにあたります。

プレミアム手法

プレミアム手法は、商品購入者やサービス利用者に向けた特典を用意し、購買意欲を高める手法です。

たとえば、「〇〇円以上でノベルティプレゼント」や「来店特典」などがあります。

プライス手法

プライス手法は、商品やサービスの値引きをしたり、クーポンを配布するなどの手法です。

たとえば、「初回お試し価格」などがあり、場所や期間を限定して行うのが一般的です。

制度手法

制度手法は、商品やサービスの利用後にポイントを付与したり、次回のクーポンを配布するなど、リピートを促すための手法です。

会員組織やメンテナンスサービスなども制度手法にたります。

プロモーションに用いるツール7選

プロモーションに用いるツール7選

プロモーションにはさまざまなツールが用いられます。

代表的なツールは以下の7つです。

・ネットツール:企業のWebサイトやWeb広告、SNSなど

・グラフィック系の印刷物:ポスターやチラシなど

・編集系の印刷物:マニュアルや会報誌など

・POP広告:店舗ディスプレイやパネルなど

・動画ツール:商品やサービスの情報を紹介する動画

・SPメディア:車内広告や新聞の折込など

・イベント:展示会やポップアップストアなど

プロモーションの効果を高めるためには、商品やサービスの内容、ターゲットに合わせて使用するツールを変えなければいけません。

たとえば、10~20代向けの商品をプロモーションする場合、ネットツールや動画ツールを活用するのがおすすめです。

反対に60代以上向けの商品の場合、ネットツールよりも印刷物や新聞の折込が良いでしょう。 大切なのはターゲットに合わせた適切なツールを選択することです。

プロモーションを行う際の3つのポイント

プロモーションを行う際の3つのポイント

効果的なプロモーションを行うための3つのポイントをご紹介します。

1.ターゲットを明確にする

商品やサービスをどんな人に向けてプロモーションするのか、ターゲットを明確にします。

たとえば、健康食品の場合、「体力の衰えを感じ、手軽に補給できるサプリを探している50代男性」など、具体的に設定するのがおすすめです。

ターゲットが変われば必要なツールは変わるため、効果的なプロモーションを行うためにも明確に設定しましょう。

2.目的を定める

プロモーションを通して、どんな結果を得たいのか目的を定めましょう。

たとえば、1度サービスを利用してくれた方にリピートしてもらうのが目的であれば、次回のクーポンを配布するなど制度手法のプロモーションが有効です。

また、ブランド認知度を上げるのが目的であれば、広告を利用するのがおすすめです。

広告はWeb媒体にするのか、紙媒体にするのかターゲットに合わせて決めることで、より効果が期待できます。

3.効果測定をする

ターゲットや目的を決めて質の高いプロモーションを行ったとしても、1度で理想通りの結果が得られるとは限りません。

効果測定を行いながら、より良いプロモーションへと変えていく必要があります。

ただ、プロモーションは結果が分かりにくく、どのように効果測定するのかは難しい点です。

プロモーションを行う際は、あらかじめ効果測定方法なども検討しておくと良いでしょう。

まとめ

まとめ

本記事では、プロモーションの意味など基礎的な内容と、ポイントをご紹介しました。

プロモーションは広義と狭義で意味合いが少し異なるため、意味を正しく理解しておく必要があります。

また、手法やツールも複数あり、どれを選ぶかでプロモーションの効果が変わります。

まずは、意味や手法などの基礎的な内容を理解し、ポイントを抑えてプロモーションを行ってみてください。

CG関連の主な仕事内容|映像業界の職業一覧

CG関連の仕事についてお探しですか。CGを使ったプロモーションで高いクオリティの映像を作ることも可能です。この記事では、CG関連の仕事と映像業界の職種についてご紹介します。
2021年6月24日

3DCGモデリングの見積ランク分け【松・竹・梅】

CG会社にモデリングをお願いする時に参考になる!CGモデリングの見積を3つのランクにまとめました!
2019年3月26日

フリーランスで動画編集の単価はどれくらい?単価アップの4つのコツと受注方法

「フリーランスで動画編集の単価ってどれくらいなんだろう?単価を上手に上げる方法があれば知りたい!」 そのようなご質問にお答...
2022年2月21日