動画編集の単価はどれくらい?単価アップの4つのコツと受注方法とは

「フリーランスで動画編集の単価ってどれくらいなんだろう?単価を上手に上げる方法があれば知りたい!」

そのようなご質問にお答えします。

本記事の内容
・動画編集の単価相場
・動画編集の単価を上げるコツ
・動画編集の仕事を受注する方法

動画編集の仕事が注目されており、副業・本業問わず動画編集者を目指す方が増えています。

「稼げる仕事」といわれることが多いですが、実際のところどうなのでしょうか。

そこで本記事では、動画編集の単価相場や単価を上げるコツ、仕事を受注する方法をご紹介します。

動画編集の単価について知りたい方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

動画編集の単価相場

動画編集の単価相場

個人で動画編集をおこなう場合、平均的な単価の相場は以下です。

作業内容:カット編集+テロップ・BGM挿入
動画の長さ:10分程度
単価:3,000円~

クライアントが希望する編集内容によって変わりますが、単価は3,000円~5,000円程度で、内容によっては1万円を超えるものもあります。

月どれくらい稼げる?

動画編集未経験の方は、10分程度の動画で3,000円は割のいい仕事と感じるかもしれませんが、実際やってみると短い動画でも編集にはかなりの時間が必要です。

動画編集に慣れている方でも、1本仕上げるのに3時間以上はかかります。

慣れるまでは作業時間がさらにかかるため、1日1本できればいい方でしょう。

毎日休まず編集しても1本あたりの単価が安いうちは、月10万円に満たないことが多いと思ってください。

動画編集の単価を上げる4つのコツ

動画編集の単価を上げる4つのコツ

動画編集の仕事で稼いでいくためには、単価を上げる必要があります。

動画編集の単価を上げる方法は次のとおりです。

  • 動画編集の流れをつかんで作業効率を上げる
  • 実績を積んで営業をかける
  • 高いスキルを身に着ける
  • 人脈を広げる

順番に解説していきます。

動画編集の流れをつかんで作業効率を上げる

1本3,000円の動画編集に1日8時間かかるとすると、時給換算では500円以下になってしまいます。

単価が高い仕事を選ぶのも重要ですが、動画編集の流れを把握して作業効率を上げられるようにしましょう。

「絶対にこの順番」と決まっているわけではないので、自分自身がやりやすい編集の流れをつかむことが大切です。

繰り返すうちに自然と時間短縮できるようになるので、本数をこなしながら慣れてください。

実績を積んで営業をかける

どんなお仕事もそうですか、いきなり高い単価のお仕事がもらえるわけではありません。

はじめのうちは実績作りのために多少安い単価の仕事でも取り組む必要があります。

動画編集の知識があっても実績が無ければ仕事を受注するのは難しく、ライバルの中に埋もれてしまうでしょう。

実績があればクライアントの判断材料になるため、単価が高い仕事も受注しやすくなります。

実績ができたら動画編集のポートフォリオを用意して、高単価の仕事にも積極的に営業をかけてください。

» CGデザイナーのポートフォリオ|映像制作の現場からの着眼点

高いスキルを身に着ける

単価の安い動画編集は、カット+テキスト挿入など基本的な作業ができれば受注できますが、単価を上げるためにはさまざまな編集スキルが必要です。

YouTubeなどを利用して独学で学ぶのも良いですが、オンラインスクールでより高いスキルを身に着けるのが単価アップへの近道になります。

また、編集ソフトの「After Effects」はある程度使えるようにしておくと良いでしょう。

プロの方も使用しているソフトでクオリティの高い編集ができるため、After Effectsでの編集を指定している案件もあります。

単価を上げるためには必要なソフトなので、操作方法を覚えて使えるようにしてください。

≫ 動画編集の準備|必要な撮影機材とおすすめ編集ソフト4選

人脈を広げる

個人で動画編集の仕事を探す際、クラウドソーシングなどを利用するのが一般的ですが、掲載されている仕事は単価が安いものが多いです。

人脈を広げていれば、インターネット上に掲載されている仕事だけでなく、個人的に仕事を受注できる可能性が増えます。

たとえば、結婚式用ムービーなどはシンプルな編集でも高単価なものが多く、インターネット上でも人気の仕事です。

人脈が広ければ個人的に依頼を受ける可能性が増えるため、高単価な仕事もしやすくなります。

また、TwitterなどのSNSで動画編集について発信するのも1つの手です。 興味を持った人から直接メッセージがきて仕事につながることもあります。

動画編集の仕事を受注する3つの方法

動画編集の仕事を受注する3つの方法

動画編集の仕事を実際に受注するための方法を3つご紹介します。

  • クラウドソーシングを利用する
  • SNSで探す
  • 直接営業をかける

それぞれの特徴と単価の目安も合わせて確認してみてください。

クラウドソーシングを利用する

初心者で実績が少ないうちはクラウドソーシングを利用するのがおすすめです。

単価は安い傾向にありますが、実績が無くても挑戦できる仕事はたくさんあります。

・Lancers(ランサーズ)
・CrowdWorks(クラウドワークス)
・coconala(ココナラ)

それぞれ、登録が必要で利用手数料はかかりますが、さまざまな仕事から自分に合ったものを探すことができます。

SNSで探す

単価を上げるコツでもご紹介したように、Twitterを始めSNS上でも仕事を探せるので、動画編集について発信すると良いでしょう。

たとえば、自分の編集スキルや過去の実績を紹介するなど、動画編集者を探している人が見たときに興味を持ってもらえる内容を投稿をします。

運が良ければメッセージなどのやり取りから、仕事に発展する場合もあるので、活用してみてください。

また、「#動画編集者募集」などのハッシュタグを利用して検索すると、さまざまな仕事の募集要項が出てきます。

金額も5,000円程度~1万円を超えるものまで幅広く、クラウドソーシングに比べるとスキルが必要ですが高単価の仕事を探しやすいのが特徴です。

Twitter・Instagram・Facebookなどで募集をかけている方が多いので、興味のある仕事がないか探してみてください。

直接営業をかける

動画編集のスキルが身について実績ができてきたら、興味がある企業やYouTuberの方などに直接営業をかける方法もあります。

しっかりとした提案文やポートフォリオが必要ですが、比較的高単価で価格交渉もしやすいのが魅力です。

初心者のうちは直接営業をかけて仕事に繋げるのは難しいですが、1つの方法として覚えておいてください。

まとめ

まとめ

本記事では、フリーランスで動画編集の単価相場や単価を上げるコツ、仕事を受注する方法をご紹介しました。

動画編集の仕事は年々増えており、低単価から高単価までさまざまな内容で募集されています。

単価の安い仕事では収入を得づらく消耗してしまうので、動画編集者として稼いでいくためにも、スキルを身に着けて高単価な仕事を選びましょう。

3DCGのライティング|抑えておきたい種類とテクニック

「CGのライティングってどうすればうまくできるんだろう。コツとかあれば知りたい」 このような悩みにお答えします。 本記...
2021年11月22日

プロクオリティの動画撮影をするためのコツ

機器の進化によって、高画質な動画撮影が誰でもできる時代になりました。家族の日常生活や旅行の記念撮影のほか、ビジネス目的に利用する人も増えて...
2017年8月17日

動画制作にはどれくらいの時間がかかる?流れとスケジュール感から紐解く

「動画制作にはどれくらいの時間がかかるの?」 そのようなご質問にお答えします。 本記事の内容 ・動画制作に...
2022年5月13日