社内のmacOSの環境が今まで10.11のOS X El Capitanと10.9のOS X Mavericksだったのですが、社内のOSを統一するべく、macOS High Sierraへアップデートすることになりました。

本来はMac Pro (Late 2013)の10.9のMavericksをOS X El Capitanにアップデートしたかったのですが、日々の仕事に終われそのタイミングを逃してしまい、2018年2月になるとMac Pro (Late 2013)の10.9のOS X MavericksはOS X El Capitanには出来ずアップデートは強制的にmacOS High Sierraになってしまうようです。

macOSのアップデートでいつも怖いのが、アップデートして、アプリケーションが使えない、重くなるなど不安要素がいっぱいです。

普段、仕事で使用しているAfter Effcets CS6やCC、Premiere、CINEMA 4Dへの影響がないのかかなり心配でしたので

ネットで調べてみると社内でまだ動いていたAdobe CS6シリーズが動かなくなるが、ターミナルを調整すれば動くようになるというものでした。

ターミナルはできれば触りたくないので、CS6はもう諦めて思い切ってMac Pro (Late 2013)の10.9のOS X MavericksをmacOS High Sierraにアップデートしてみました。

40分ほどでインストールが終了し、恐る恐るMac Proを立ち上げてみると、

なんと思ったよりもサクサク動きます。

 

問題のアプリケーション関係は

CS6はIllustrator以外は何事もなく動いています。

Illustratorは下記よりJavaを入れると問題なく動きました。

Java SE 6 ダウンロード

 

あとはAfter Effects Trapcode系のformなど使用したエフェクトの

レンダリングがなんと3倍も早くなりました。

 

 

OSでこんなに変わるものかと驚きです。

ただCC2017のプロジェクトはOS X El Capitanとあまり変わらないように思います。

2011年ごろから使用しているMicrosoft officeも問題なく立ち上がりましたしアップデートは成功かと思っていましたが、なんと昔から使用していたFinal Cut Pro 7がエラーになっていました。

Final Cut Pro 7に同梱されていたDVD Studio Pro 4もエラーです。。。

 

今回のmacOS High SierraへのアップデートはこのDVD Studio Pro 4が使えないのがMacで映像制作されている方は一番きついのではないでしょうか。。。

(スクリーンショットではFinal Cut Xもエラーになっていましたが、これはアップデートで問題なく動いています)

 

というわけで、社内のOSを全てmacOS High Sierraにするということが出来ず、一台のMac Pro (Mid 2010)のみDVD Studio Pro 4用にOS X El Capitanで置いておくことになりました。