先日の撮影では商品の落下シーンをスーパースローで撮影する必要があったためHiMotion2という秒間1000コマが撮影可能なカメラで撮影しました。かなり特殊なカメラになるので、カメラマン、カメラアシスタントさん以外にビデオエンジニアさん(VE)という機材を扱う専門職の方にもご協力頂きました。

本来であればスタジオで撮影できるのがベストなのですが、撮影したいものが大きく如何しても移動させることができないため、企業様工場内での撮影となりました。

秒間1000コマを撮影するに当たって、カメラのシャッター速度を上げるため大量の照明が必要になり、企業様の工場の試験室に発電機を持ち込んでの撮影になり、最近では珍しく照明用に2tトラックで運搬するほどの照明の量で、照明設置や暗幕の準備に1時間半から2時間ほどの時間を要しました。

非常に明るい照明で試験室はかなりの高温の大変な撮影でスタッフの疲労もピークに、、、撮影時間が香盤表より少し押してしまいました。

スーパースロー以外にも夜に屋外の撮影もあり、ハードな撮影でしたがカメラマン、照明スタッフの頑張りで何とか時間内に撮影を終えることが出来ました。

【最新版】インタビュー動画編集の価格相場と外注先選び3つのポイント

「インタビュー動画を制作する場合の価格はどれくらい?」 そのようなご質問にお答えします。 本記事の内容 ・...
2022年7月11日

アニメーション動画の作り方|おすすめソフトや外注にかかる費用は?

「アニメーション動画はどうやって作ればいいのだろう?」 そのような質問にお答えします。 本記事の内容・アニメーション動...
2021年9月2日

年末年始の営業について

本年も株式会社インディゴをご愛顧頂き誠にありがとうございます。 株式会社インディゴの年末年始の営業に関してご案内いたします。 誠...
2017年12月19日