YouTube動画の種類

「YouTubeを始めたいけど、どんな動画を作ればいいかわかりません」

そのようなお悩みを解決します。

本記事の内容
・YouTube動画の種類
・YouTube動画の目的別活用法

YouTuberとして個人が動画を配信するだけでなく、広告宣伝のためにYouTubeを始める企業も増えています。

動画マーケティングは今後も必要となるスキルなので、YouTubeブームにより多くの方が関心を持っている今こそ、YouTubeの知識を身につけておくことをおすすめします。

そこで本記事では、映像業界歴15年の弊社がYouTube動画の種類と活用法を紹介します。

企業の認知拡大や集客のためにYouTubeを活用したい方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

   

YouTube動画の種類

YouTube動画の種類

   

YouTubeのジャンルには、以下のような種類があります。

・Vlog
・バラエティ、エンタメ
・商品紹介、レビュー
・ハウツー、教育
・ゲーム実況
・ミュージック
・メイク、美容
・ファッション
・料理、大食い
・漫画、アニメ
・スポーツ、フィットネス
・ダイエット、健康
・VTuber
・アウトドア、キャンプ、釣り、レジャー
・ペット
・衝撃動画
・乗り物
・トレンド
・パチンコ
・政治、ニュース

   

このようにYouTubeには数多くのジャンルが存在します。

動画に向かないジャンルが無いと言っても過言ではないほど、どのような商品サービスも動画で紹介できます。

動画の種類も、アニメーション・音声のみ・手先だけを映すなど、顔を出していないチャンネルも多くみられます。

料理教室なら料理をしている手元の映像や、自動車メーカーなら車の種類や部品の紹介、ハウツー系ならアニメーションやパワポのスライドなどで動画を作れます。

YouTubeは動画のジャンルも種類も豊富なので、どのような企業でも参入することが可能です。

  

YouTube動画の目的別活用法

YouTube動画の活用法

   

YouTubeの活用法は、以下の4つが挙げられます。

   

広告収入を得る

YouTubeは登録者数1,000人以上、直近12ヶ月間の総再生時間4,000時間を超えると広告収入が得られます。

収益化できているチャンネルは全体の10~15%程度といわれますが、企画を練りながら継続的に動画を投稿していけば、決して難しい数字ではありません。

YouTubeでは動画の広告収入だけでなく、「チャンネルメンバーシップ」「スーパーチャット」「YouTube Premium」による収益も得られます。

YouTubeから得られる収益の目安は、チャンネル登録者数の3~10倍程度といわれています。

登録者数が1万人のチャンネルであれば、月間収益は3~10万円ほどです。

登録者数が10万人規模になると、月間収益が100万円を超えるケースもあります。

フリーランスであれば十分に生活できますし、企業であっても貴重な収益源の1つとなるでしょう。

   

自社商品の宣伝

企業がYouTubeに動画を投稿する1番のメリットは、自社商品の宣伝を無料でできることです。

これまでは自社商品を宣伝するときは、テレビCMや雑誌などで広告費をかけて行なっていました。

しかし、YouTubeというプラットフォームができてからは、自社でチャンネルを運営し、無料で宣伝ができるようになりました。

広告費がかからないことや動画配信の自由度が高いことから、現在では多くの企業がYouTubeチャンネルを開設しています。

YouTubeは動画を制作してから配信するまでもスムーズで、早ければ即日配信も可能です。

新商品のキャンペーンやイベントの告知など、タイムリーな配信ができるのも魅力の1つです。

   

他業種やYouTuberとのコラボ

YouTubeチャンネルを開設すると、動画を見た他の企業からコラボやタイアップの依頼が来ます。

たとえば、「料理教室×食品会社」「自動車販売店×整備会社」「美容室×フォトスタジオ」「ダイエットジム×アパレル」などです。

他にも、セミナー動画を配信すると講演の依頼が入ったり、クリエイターが自分の作品をYouTubeで紹介すると制作依頼が来ることもあります。

また、気になる企業やYouTuberには、こちら側からオファーすることもできます。

コラボ動画を撮ったり、企業案件として商品紹介を依頼するのもYouTube活用法の1つです。

どのような層が見ているかわからない状態で広告を打つよりも、動画の内容やコメント欄から視聴者層を読み取り、自社商品のターゲットに当てはまるチャンネルに依頼することで、より広告効果が高まります。

実際にチャンネル登録者数が1,000人程度のナノインフルエンサーとコラボをして、数百万円の売上を作った企業もあります。

小さな規模のYouTubeチャンネルは、拡散力こそ小さいですが、視聴者との距離感が近いので、うまくコラボをすると大きな売上に繋がる場合があります。

   

求人

YouTube活用法の4つめは求人です。

会社のPR動画や従業員のインタビュー動画を投稿し、新入社員の募集に繋げます。

求人目的でなかったとしても、日々投稿されている動画を見て「私もこの会社で働きたい」と思う人は少なくありません。

特に美容室・飲食店・アパレル・スポーツジム・治療院などのサービス業に多く見られます。

サービス業は表に出ている従業員が会社の顔となるので、YouTubeで人気が集まると求人に繋がります。

動画を見てファンになってくれた人は、意欲的に働き、会社に貢献してくれるというメリットもあります。

   

まとめ

YouTube動画は積極的に作ろう

   

YouTubeには様々な種類の動画が投稿されており、どのような業種にも向いています。

今までWebサイトといえばホームページが当たり前でしたが、これからはどの企業もYouTubeチャンネルを持っていることが当たり前となるでしょう。

YouTubeチャンネルはGoogleのアカウントを持っていればどなたでも作れますので、自社商品を宣伝したい方や、企業のブランディングをしたい方は、ぜひチャンネルを開設してみてください。

また、弊社では動画制作のサポートもしております。

企画・撮影・編集などを一気通貫して行なっていますので、事業の発展のために動画を活用したい方は、お気軽にご相談ください。

社内のスマホで商品プロモーションビデオを作る方法「編集」編

前回までの「撮影」編に続き今回は「編集」編です。 スマホで撮影編はこちら   今回は撮影した映像素材をどう並べていくか、コツやポイ...
2018年6月12日

映像制作費の相場|制作会社に見積もりを取るときのポイント

映像制作を外注したいとお考えですか。最近では、動画を活かしたプローモーションの制作件数が増えてきています。この記事では、映像制作の相場から外注をするときのポイントについてご紹介していきます。
2021年6月30日

オリジナル著作権フリー 映像素材【Vol.006 光のシャワー背景素材】

無料でダウンロードが可能な著作権フリーの映像素材を配布しておりますが今回の第6弾は商品プロダクト映像や会社案内映像のオープニングなどで使用出...
2018年9月6日