動画マーケティングとは?効果的なポイントを初心者向けに解説

「動画マーケティングで効果を得るにはどうしたらいいんだろう?」

そのようなご質問にお答えします。

本記事の内容
・動画マーケティングとは
・動画マーケティングのメリットとデメリット
・動画マーケティングで効果得るためのポイント

マーケティングにはさまざまな手法があり、中でも近年注目を集めているのが動画マーケティングです。

高い効果を期待して取り入れる企業が増えていますが、どんなメリットがあるのでしょうか。

そこで本記事では、動画マーケティングの概要とメリット・デメリット、効果を得るためのポイントをご紹介します。

動画マーケティングについて知りたい方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

動画マーケティングとは

動画マーケティングとは

動画マーケティングとは、動画コンテンツを用いて商品やサービスの宣伝・販売、企業紹介などをおこなうマーケティング方法です。

ただ単に動画を制作して公開するだけではなく、どんな動画を誰に向けて見せるのか、媒体はどこにするのか細かい戦略立てをしたり、公開後さまざまな指標を用いて分析するなど一連の流れ全体を指します。

動画マーケティングは、商品やサービスの認知拡大、企業のブランディング、商品購入や会員登録などコンバージョンに繋げることを目的に取り入れる企業が多く、効果を得やすいため注目を集めている手法です。

動画マーケティングを取り入れる3つのメリット

動画マーケティングを取り入れる3つのメリット

動画を使ったマーケティングは、ビジネスにおいて高い効果を期待できます。

取り入れるメリットは、次の3つです。

  • 印象に残り認知度を上げやすい
  • 情報量が多くコンバージョンに繋がりやすい
  • 効果の分析がしやすい

ひとつずつ見てきましょう。

印象に残り認知度を上げやすい

テキストなどの情報はユーザーに読んで理解してもらわなければいけませんが、動画であれば読む必要がなく映像を見ているだけで情報が入ってきます。

スマートフォンなどで動画を見ることがあたり前になった今、視聴へのハードルが下がりテキストでは見てもらえなかった内容でも多くの人の目に留まりやすくなっています。

動画の内容が良ければ短時間でもユーザーの印象に残せるため、認知度アップに繋げることが可能です。

情報量が多くコンバージョンに繋がりやすい

動画は視覚と聴覚の両方にアプローチできるため、短時間でも多くの情報を分かりやすく伝えることできます。

たとえば、化粧品などを紹介する際、テキストと静止画では使い心地や使った後の変化などを伝えづらく、ユーザーも魅力を感じ取りにくいでしょう。

しかし、動画であれば細かい情報でも実際に化粧品を使いながら紹介できます。

ユーザーはたくさんの情報から「使ったらどうなるだろう」と自分に置き換えてイメージできるため、コンバージョンに繋がりやすくなるのです。

効果の分析がしやすい

動画はテキストなどに比べて効果の分析が細かくできるのもメリットです。

視聴回数や視聴率、視聴完了率、コンバージョン率など、動画ひとつひとつの効果を細かく見られます。

分析結果をもとに次の戦略立てもでき、改善を繰り返しながら動画を制作することでより高い効果を得ることが可能です。

動画マーケティングの2つのデメリット

動画マーケティングの2つのデメリット

メリットが多い動画マーケティングですが、デメリットも知っておく必要があります。

ここでは取り入れる2つのデメリットをご紹介します。

制作に時間を要する

企画から撮影、編集と動画制作にはさまざまな工程があり、公開するまでに時間を要します。

早く効果を出したいと思っていても制作に平均2ヶ月程度はかかるため、デメリットに感じることがあるかもしれません。

しかし、戦略をしっかりと練り、時間をかけてクオリティの高い動画に仕上げた方が結果はついてくるので理解しておきましょう。

制作コストがかかる

動画制作の知識があり自社で制作できる場合はコストはかかりませんが、クオリティの高い動画を制作するためには、映像制作会社などプロに依頼するのがおすすめです。

動画の内容によって価格は大きく異なりますが、テキストや静止画と違い動画制作には工程ごとに複数の人が関わるため、ある程度のコストがかかることを知っておいてください。

動画マーケティングで効果を得るためのポイント4つ

動画マーケティングで効果を得るためのポイント4つ

動画マーケティングで効果を得るためには、ただ動画を作るだけではいけません。

動画マーケティングで効果を得るためのポイントは次の4つです。

  • 現状の問題点を知り、目的を明確にする
  • 目的に合わせた構成づくり
  • KPIを設定する
  • 分析と改善を繰り返す

順番に解説していきます。

現状の問題点を知り目的を明確にする

動画マーケティングを取り入れる際、現状の問題点を把握して目的を明確にすることが重要です。

たとえば、集客はできているけれどコンバージョンに繋がっていない場合、商品やサービスの魅力を伝えてコンバージョンに繋がる動画を制作する必要があります。

反対に、集客ができていない状態で商品やサービスの魅力ばかり伝えても、コンバージョン数は低いままでしょう。

やみくもに動画を制作するのではなく、今抱えている問題点を改善するための目的を明確にしてください。

目的に合わせた構成づくり

目的を達成するにはどんな内容の動画が良いか考え、構成を細かく決めておくことが大切です。

たとえば、サービスの認知拡大が目的であれば、サービス内容の紹介よりも視聴者の目を惹くインパクトがある動画を制作した方が効果的です。

目的によって動画の内容は変わるため、ぶれないためにも構成はしっかり決めてください。

KPIを設定する

KPI(重要目標達成指標)とは、最終的な目標達成に向けて動画マーケティングの効果がどれくらい出ているか評価する指標で、中間目標のような役割です。

たとえば、「動画が100回表示されたうち、10人が最後まで視聴すれば成功」のように、具体的にKPIを設定しておくことで、目標までの進捗度合を確認できます。

KPIの達成率によっては、動画内容の修正や媒体を変更するなどの改善が必要です。

動画マーケティングの効果を確認するためにはとても重要な指標なので、細かく設定しておきましょう。

分析と改善を繰り返す

動画マーケティングにおいてクオリティの高い映像は必須ですが、最も重要なのは動画公開後の分析・改善です。

動画を公開して満足していては高い効果は得られないため、分析を繰り返して次の戦略立てをしなければいけません。

動画マーケティングは効果を得やすいとはいえ、1つで目に見えて効果が出る可能性は低いため、KPIの設定と合わせて地道な分析・改善をおこないましょう。

まとめ

まとめ

本記事では、動画マーケティングの概要とメリット・デメリット、効果を得るためのポイントをご紹介しました。

効果が得やすい動画マーケティングですが、ただやみくもに動画を制作しても意味がありません。

また、動画を制作して終わりではなく、分析・改善をおこないながら上手く活用していくことが重要です。

効果を得るためにも、ご紹介したポイントを抑えて動画マーケティングを取り入れてみてください。

動画広告媒体の種類|失敗しない出稿先の選び方【目的別】

「動画広告を出したいのですが、どのような媒体がおすすめですか?」 そのようなご質問にお答えします。 本記事の内容・動画...
2021年10月11日

【業務効率化】動画編集を外注する3つのメリットと料金相場

「会社でYouTubeチャンネルを始めようと思っています。動画編集はプロに外注すべきなのでしょうか?」 そのようなご質問にお...
2021年10月18日

VFXをお手伝いした映画

明けましておめでとうございます! 映画好きのインディゴ坂本です。 インディゴが一部のVFX(ビジュアルエフェクツ)を担当させて頂いた ...
2018年1月15日