動画コンテンツとは

「動画コンテンツって何?」
「動画コンテンツにはどんな魅力があるの?」

そのようなご質問にお答えします。

本記事の内容
・動画コンテンツとは
・動画コンテンツの魅力
・動画コンテンツ制作時の注意点

近年、テレビだけでなくインターネットを使って気軽に動画視聴できるようになったこともあり、さまざまなシーンで動画コンテンツを活用する企業が増えています。

商品やサービスの販促、ブランドの認知拡大などに動画コンテンツは有効とされていますが、実際にビジネスに取り入れるとどんな魅力があるのでしょうか。

そこで本記事では、動画コンテンツについて種類や魅力、制作時の注意点をご紹介します。

これから動画コンテンツを取り入れたいと考えている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

動画コンテンツとは

動画コンテンツとは

動画コンテンツとは、TV番組やCM、アニメ、プロモーションビデオ、YouTube動画など、さまざまな動画を指します。

商品やサービスの紹介のための動画や、ブランド・企業紹介のためにブランディング動画を用いるなど、動画コンテンツと一括りに言っても企業がビジネスに利用する動画は多種多様です。

一般的に企業が取り入れている動画コンテンツは下記の5種類で、目的に応じて使い分けられています。

・ブランディング動画
・商品サービス紹介動画
・リクルート動画
・社内向け動画
・動画広告

それぞれについて見てみましょう。

ブランディング動画

ブランディング動画は、企業の商品やサービスなどをユーザーに知ってもらうために作られた動画です。

直接購買に繋げるのではなく商品やサービスを紹介してブランドイメージの向上、認知拡大などを目的としています。

»ブランディング動画で魅力倍増!効果的な制作ポイントと事例を解説

商品やサービスの紹介動画

商品やサービスの紹介動画は、既存客・見込み客に向けて商品のPRやサービスの利用方法などを紹介する動画です。

以前はポスターやカタログなどの紙媒体が一般的でしたが、より分かりやすく紹介できるため動画が主流になりつつあります。

»魅力が伝わる「プロモーション動画」制作ポイントや費用・事例を解説

求職者向けのリクルート動画

リクルート動画は、求職者に向けて会社の魅力や業務内容などを紹介する動画です。

コロナ禍でオンラインの就職活動が増えたことから、リクルート動画を取り入れる企業が増えています。

動画でより詳しく会社をイメージできるため、企業が求める人材と求職者のミスマッチを防ぐことにも効果的です。

社内向けの動画

社外に向けての動画以外にも、社内向けに動画コンテンツを活用できます。

たとえば、研修動画を撮影し社内でいつでも閲覧できるようにしたり、取引先へのプレゼンに使う資料映像を作成するなど、業務を効率よくおこなうためにも有効です。

動画広告

インターネット広告の配信は、従来の静止画のものから動画を使った広告にシフトしており、YouTubeやSNSなどに多数の動画広告が配信されています。

静止画広告に比べると制作コストがかかりますが、商品やサービスを知らない潜在顧客へのアプローチも可能です。

»【2021年】動画広告市場|拡大の要因と今後の動画広告について解説

動画コンテンツの3つの魅力

動画コンテンツの3つの魅力

動画コンテンツをビジネスに取り入れる魅力は次の3つです。

  • たくさんの情報を伝えられる
  • 資格と聴覚の両方にアプローチできる
  • SNSで拡散されることもある

順番に解説していきます。

たくさんの情報を伝えられる

アメリカの調査会社のJames McQuivey博士によると、1分間の動画でもWebページに換算すると3,600ページ分もの情報量が含まれていると言われています。

たとえ短い動画でもたくさんの情報を視聴者に伝えられるため、動画コンテンツはビジネスにおいてとても効率が良く効果的なツールといえるでしょう。

視覚と聴覚の両方にアプローチできる

動画は視覚と聴覚の両方にアプローチできるため、視聴者の印象に残りやすいのが魅力です。

静止画は情報を目で見て読んでもらう必要がありますが、動画であれば目からも耳からも自然と情報が入ります。

また、BGMなどを工夫することでイメージを変えられるため、さまざまな見せ方が可能です。

SNSで拡散されることがある

幅広い世代にSNSが普及したことにより、話題に上がった動画は短期間で拡散され、瞬く間に数万人規模まで広がることも珍しくありません。

興味を惹く内容であれば視聴者が拡散して広げてくれるので、少ない費用で高い効果を得られることもあります。

動画コンテンツ制作時に注意すべきポイント5つ

動画コンテンツ制作時に注意すべきポイント5つ

動画コンテンツで高い効果を得るためにも、制作時に知っておくべき点があります。

  • 動画の目的を決める
  • ターゲットを絞る
  • 質の高い動画が求められる
  • 制作に時間とコストがかかる
  • 継続と分析が必要

ひとつずつ見ていきます。

動画の目的を決める

動画コンテンツを作成する際、動画の目的やどんな結果を得たいのか決めることが重要です。

たとえば、サービスを動画で紹介する場合、顧客に利用してもらいたいのか、サービスを通して企業イメージをアップしたいのかでは内容が異なります。

動画の目的を決めずに制作に入ると、内容がぶれて何を伝えたい動画なのか分からなくなってしまうので、目的を決めて内容や見せ方を工夫しなければいけません。

ターゲットを絞る

動画コンテンツを誰に見てもらいたいのか、事前にターゲットを設定する必要があります。

20代以下と60代以上の世代に同じ動画を見せて、どちらにも高い効果を得られることは考えにくいでしょう。

広く浅くではなく、ターゲットを絞った方が高い効果が得られます。

質の高い動画が求められる

社外に向けて動画を制作する場合、ある程度質の高い動画が求められます。

質の低い動画は効果を得られないだけでなく、企業やブランドのイメージ悪化にも繋がりかねません。

社内制作・映像制作会社への依頼に関わらず、動画の質は意識しておきましょう。

どの程度の質にすれば良いか分からない場合は、競合他社の動画コンテンツを参考にしてみてください。

制作に時間とコストがかかる

動画コンテンツの制作は、企画から撮影、編集まで複数の工程があり、それぞれに担当する人が必要です。

動画の内容にもよりますが、制作には時間とコストがかかるのを理解しておきましょう。

動画コンテンツで効果を得るためには早く安く制作するのではなく、ある程度時間をかけて準備することが大切です。

継続と分析が必要

動画コンテンツは、1つ制作したら終わりではありません。

効果を得るためには、制作した動画をその都度分析して、どんな影響が出ているのか知る必要があります。

また、分析をもとにより効果が期待できる内容を考えて継続して動画を制作することが重要です。

»動画制作の4つの流れ|制作会社に依頼する際の手順とは

まとめ

動画コンテンツとは?ビジネスに取り入れる魅力と注意点【初心者向け】

本記事では、動画コンテンツの種類や魅力、制作時の注意点をご紹介しました。

動画コンテンツは魅力が多く取り入れる企業が増えている一方、他の企業に埋もれないためには制作時に注意する点もあります。

動画コンテンツの魅力を最大限活かすためにも、注意点を知り制作してみてください。

動画編集の手順|初心者でもYouTube動画を作れる7ステップ

「動画編集を自分で行ないたいと思っています。どのような手順で作ればいいでしょうか?」 そのようなご質問にお答えします。 ...
2021年10月25日

CGデザイナーとグラフィックデザイナーの違い|依頼するならどっち?

CGデザイナーとグラフィックデザイナーの違いについてお悩みですか。どちらもデザイナーだけど、その違いについては分からないですよね。この記事では、CGデザイナーとグラフィックデザイナーの違いについて解説していきます。
2021年7月28日

映像制作をプロに依頼するときに用意すべき5つのこと

映像制作の依頼方法についてお探しですか。いざ外注をしようとすると準備するものって思いつかないですよね。この記事では、映像制作の依頼に必要なものについて丁寧にご紹介していきます。
2021年6月28日