ブランディング動画で魅力倍増!効果的な制作ポイントと事例を解説

「魅力的なブランディング動画を作るためにはどうすればいい?」

そのようなご質問にお答えします。

本記事の内容
・ブランディング動画とは
・ブランディング動画制作のポイント
・ブランディング動画制作の流れ
・ブランディング動画の活用シーン
・ブランディング動画の事例

近年、Webサイトのトップページにブランディング動画を設置する企業やブランドが増えています。

アクセスと同時に動画が再生されて目を惹きますが、ブランディング動画を設置するとどんな魅力があるのでしょうか。

そこで本記事では、ブランディング動画の魅力や制作時のポイント、作り方、事例をご紹介します。

ブランディング動画について知りたい方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

ブランディング動画とは

ブランディング動画とは

ブランディング動画とは、企業の商品やサービスなどをユーザーに知ってもらうために作られた動画です。

動画から直接購買に繋げるのではなく、商品やサービスを紹介してブランドイメージの向上、認知拡大などを目的としています。

これまでのブランディングは、ポスターやパンフレットなど静止画のものが主流でしたが、スマートフォンで動画を見る方が増えたこともあり、ブランディングに動画を取り入れる企業が増えています。

ブランディング動画で得られる効果

ブランディング動画は、静止画よりもたくさんの情報を組み込めるため、ユーザーに短時間で効率良く情報を伝えられます。

アメリカの調査会社、Forrester ResearchのJames McQuivey博士によると、1分間の動画は一般的なWebページの3,600ページ分の情報量とも言われています。

また、静止画は目で見て読む必要がありますが、動画であれば目と耳に直接情報を届けられるため、ユーザーの理解も高まり印象に残りやすいのです。

動画の内容や見せ方によって印象をガラッと変えられるため、他社との差別化をはかったりブランドイメージの構築にも効果的です。

ブランディング動画制作【ポイントは3つ】

ブランディング動画制作【ポイントは3つ】

ブランディング動画を制作する際、より効果の高い動画にするためのポイントは次の3つです。

伝えたい内容を絞る

せっかくブランディング動画を作るなら情報をたくさん盛り込みたいと思うかもしれませんが、だらだらと長い動画では最後まで見てもらえないため、伝えたい内容を絞って動画を制作することが重要です。

自社の商品やサービスの魅力、伝えたい内容は何かを考え、ユーザーが興味を惹く内容に絞るようにしましょう。

コンセプトを統一する

企業やブランドが定めるコンセプトと動画の内容や見せ方は、統一しておく必要があります。

ブランディング動画のイメージと実際の商品やサービスなどにズレが生じていると、ユーザーに伝えたい情報が正確に伝わらないだけでなく、不信感を抱かせる原因になりかねません。

ユーザーに伝えたい情報を効率よく伝えるためにも、コンセプトをしっかりと把握し統一した内容・見せ方で動画を制作しましょう。

共感できる内容にする

ブランディング動画を制作するにあたり、ただコンセプトを紹介したり魅力を伝えるだけの動画では、ユーザーにとって面白くない動画になってしまいます。

ユーザーの興味を惹く動画にするためには、動画を共感できる内容にすることが大切です。

ユーザーが共感しやすいようストーリー性のある内容にしたり、BGMなどもこだわると良いでしょう。

ブランディング動画制作の流れ

ブランディング動画制作の流れ

ブランディング動画を作る際、映像制作会社などに制作を依頼するのが一般的です。

ここでは、映像制作会社に依頼してブランディング動画を作る際の大まかな流れをご紹介します。

打ち合わせ

ブランディング動画制作に関わらず、どんなものを作る際も事前の打ち合わせをしっかりとおこなうことが重要です。

事前の打ち合わせで具体的に内容を確認しておかなければ、仕上がった動画がイメージと違うことにも繋がりかねません。

作りたいブランディング動画がどんな内容なのか、「いつ・どこで・だれが・なにを・なぜ・どのように」の5W1Hを用いて正確にすり合わせていきましょう。

また、制作期間や費用についても確認しておく必要があります。

制作にかかる時間は最短で1~2カ月程度、費用は数十万~数百万と動画の内容によってさまざまです。

希望の納期や予算が決まっている場合はあらかじめ伝えて、制作を進めてもらうと良いでしょう。

構成・絵コンテの作成

打ち合わせで動画の内容が決まったら、構成や絵コンテを作成していきます。

映像制作において最も重要といっても過言ではなく、ユーザーの興味を惹ける動画になるかどうかに関わる大切な部分です。

動画の内容がぶれないように、撮影をスムーズに進めるためにも具体的に構成と絵コンテを作成していきます。

撮影準備・撮影

演者を起用する場合はオーディションなどで選定をしたり、ロケをする場合は撮影許可を得るなど、事前に必要な準備をおこないます。

動画によって内容は異なりますが、機材を含めほとんどのものは制作会社で準備をしてもらうことが可能です。

準備が整ったら、構成や絵コンテに合わせて撮影を進めていきます。

編集・完成

撮影が終わったら、映像にさまざまな編集を加えて仕上げていきます。

ナレーションやBGMを追加するなど、動画を確認しながら調整して完成です。

ブランディング動画の活用シーン

ブランディング動画の活用シーン

ブランディング動画はどのようなシーンで活用されているのでしょうか。

ここでは、ブランディング動画が活用されている代表的なシーンをご紹介します。

Webサイト・SNS

企業やブランドのWebサイト・SNSなど、アクセスしてきた方に向けてアピールするために活用されています。

映像を組み込むことで効率良くアピールし、他社との差別化も可能です。

リクルート

リクルートシーンでの活用も増えており、企業の魅力や業務内容など求職者に分かりやすく伝えるために用いられています。

静止画やテキストだけではイメージしづらい企業の雰囲気なども感じられるため、求職者にとって良いだけでなく、企業が求める人材を得やすいのがメリットです。

ブランディング動画の事例

ブランディング動画にはさまざまなものがありますが、弊社で過去に制作した映像を一部ご紹介します。

企業ブランディング映像|鍜治田工務店

「明るく元気な若い社員が活躍する現場を見せたい」とのご依頼から、実際の社員さんや現場の方々にご協力いただき映像を制作しました。

「人」をキーワードとしたコンセプトを大切に、企画・構成から撮影、編集、MA(音入れ)、納品までをおこなっております。

リクルート映像|とれとれ市場

とれとれ市場のさまざまな施設やスタッフの方々の活躍をどう表現すれば良いか、企画・構成から撮影、編集までを担当させていただきました。

「興味を持ってもらえるか」「ここで働いてみたいと思ってもらえるか」をコンセプトに、ドローンなども駆使して撮影をしております。

まとめ

まとめ

本記事では、ブランディング動画について魅力や制作時のポイント、作り方、事例をご紹介しました。

企業やブランドの魅力をユーザーに知ってもらうためには、ポイントをおさえて制作したブランディング動画が効果的です。

ブランドイメージの向上や認知拡大、ファンの獲得のためにも、ぜひブランディング動画を取り入れてみてください。

動画プロモーションを行なうメリットと各媒体の特徴

動画を使ったプロモーションの方法をお探しですか。近年、動画プロモーションを行う企業が増えています。動画は、文章では伝えきれない情報を届けることができます。今回は、動画プロモーションのメリットについてお話します。
2021年8月5日

CGの医療活用|今、映像技術が注目されているワケ

「医療の現場でCGが使われているらしいけど、実際にはどういうものなんだろう?」 こんな疑問にお答えします。 本記事...
2021年8月19日

CG制作の勉強方法|おすすめソフトとCGスキルを習得するメリット

CGの勉強方法についてお探しですか。CG映像は大きな会社でなくても自宅のパソコンでも作れる世の中になってきました。今回は、CG制作の勉強方法について解説します。
2021年7月8日