冬は各地で様々なイルミネーションが飾られていますが
今回はイルミネーションをiPhoneを使って綺麗に撮影するコツを紹介します。

まず建物や木などに付けられている複数のLEDイルミネーションの場合です。

この場合、普通に写真を撮ってしまうとものすごく明るくなってしまいます。

しかし、一番明るいLEDの所をタップするとLEDの所が一番綺麗に見れるようにiPhoneが明るさを自動で調整してくれます。

 

このタイミングですぐにシャッターを押しましょう。
すぐにシャッターを押さないとまた明るさが自動で変わってしまいます。

逆に明るく取りたい場合はLED以外の所をタップし撮影すると全体的に明るく撮影できます。

写真ではなく映像で撮影するときも同様のテクニックで、画面が明るくも暗くもなります。

基本的にカメラは暗いところでの撮影が苦手ですので動画で上手に撮るには、脇を締めてカメラがブレないようにするとiPhoneでも綺麗に撮影することができます。下のビデオは脇を締めて腰だけ回して撮影しています。

また映像の撮影中に写真を撮りたい場合は左下の白いボタンを押すとビデオを撮影しながら写真も撮れます。

動画制作のスケジュール|予定が長引く3つの理由【解決策あり】

「動画制作を依頼したいけど、どのようなスケジュールで作ってくれるんだろう?」 そのようなお悩みにお答えします。 本記事...
2021年10月1日

撮影カメラと撮影料金の紹介

今回はインディゴで撮影する場合のカメラを紹介させて頂きます。 【業務用デジタルシネマカメラ】 ・Canon C100 ・Sony FS5、F...
2018年1月29日

デジタルサイネージ。実際にあった3つの失敗

キャッチが不足!情報過多!これらの問題を解決しましょう!
2018年7月2日