冬は各地で様々なイルミネーションが飾られていますが
今回はイルミネーションをiPhoneを使って綺麗に撮影するコツを紹介します。

まず建物や木などに付けられている複数のLEDイルミネーションの場合です。

この場合、普通に写真を撮ってしまうとものすごく明るくなってしまいます。

しかし、一番明るいLEDの所をタップするとLEDの所が一番綺麗に見れるようにiPhoneが明るさを自動で調整してくれます。

 

このタイミングですぐにシャッターを押しましょう。
すぐにシャッターを押さないとまた明るさが自動で変わってしまいます。

逆に明るく取りたい場合はLED以外の所をタップし撮影すると全体的に明るく撮影できます。

写真ではなく映像で撮影するときも同様のテクニックで、画面が明るくも暗くもなります。

基本的にカメラは暗いところでの撮影が苦手ですので動画で上手に撮るには、脇を締めてカメラがブレないようにするとiPhoneでも綺麗に撮影することができます。下のビデオは脇を締めて腰だけ回して撮影しています。

また映像の撮影中に写真を撮りたい場合は左下の白いボタンを押すとビデオを撮影しながら写真も撮れます。

移転のお知らせ

業務拡大につき事務所を移転いたしました。
2019年8月26日

【映像制作会社の見積を判断する7つのポイント】前編

映像制作会社からもらう見積。高い会社や安い会社。そのカラクリや相場を一挙公開!今回は主に撮影の見積に関して紹介します!
2019年3月8日

オリジナル著作権フリー 映像素材【Vol.004 ポリゴンブルー背景素材】

株式会社インディゴの新たな試みとして、無料でダウンロードが可能な著作権フリーの映像素材を配布しておりますが 今回の第4弾は商品プロダクト映像...
2018年3月5日