YouTube動画制作|基本の流れとポイントを解説!【初心者必見】

「YouTubeの動画制作をしたいけれど、何から始めればいいのが分からない…」

そのようなご質問にお答えします。

本記事の内容
・YouTube動画制作の基本的な流れ
・YouTube動画制作のポイント
・YouTube動画制作にかかる費用相場は?

YouTube動画をビジネスに活用したいと考えていても、実際何から始めればいいのか分からない方が多いと思います。

そこで本記事では、YouTube動画制作の基本的な流れや制作時のポイント、外注した場合の費用相場をご紹介します。

YouTubeの動画制作について知りたい方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

YouTube動画制作の基本的な流れ

YouTube動画制作の基本的な流れ

YouTube動画制作を行う場合、どのような流れで進めれば良いのでしょうか。

ここでは、基本的な以下の流れを順にご紹介します。

①企画・構成を練る
②撮影する
③編集する
④YouTubeチャンネルを開設する
⑤YouTubeに公開する

それぞれ見てみましょう。

①企画・構成を練る

YouTube動画制作を行うにあたり、最も重要なのは企画・構成を練ることです。

つい、撮影や編集ばかり注目してしまいますが、まずは「動画で何を伝えたいのか」「誰に見てもらいたいのか」など、5W1Hを意識し企画・構成を練りましょう。

動画の目的をはっきりさせて企画・構成を練っておかなければ、いざ撮影をしても何をどう伝えればいいのか迷いが出てしまいます。

制作会社に外注する際も、動画のイメージを相違なく伝えるために、企画・構成はしっかりと練っておきましょう。

動画制作の企画・構成については下記の記事で詳しく解説しています。

≫YouTube動画の構成|これだけは抑えておきたいポイント4つ

②撮影する

企画・構成が決まったら、実際に撮影を進めていきます。

撮影時のコツは、三脚などを用いて動画がなるべくぶれないように固定することです。

ぶれている動画は、視聴者にとってストレスになるため注意してください。

また、1カットにつき10秒以上は撮影するのがおすすめです。

あまりにも短い動画は、編集時に上手く繋げられない可能性があるため、覚えておきましょう。

③編集する

撮影が終わったら、編集作業に移ります。

YouTube動画の編集で大切なのは「カット編集」と「素材の挿入」です。

まずは、視聴者に最後まで飽きずに見てもらうためにも、使うシーンと切り取るシーンを選び、カット編集をしましょう。

また、動画の内容を分かりやすくするためにテロップや画像を挿入したり、雰囲気作りのためにBGMなどを挿入するのも効果的です。

動画編集の方法について知りたい方は、下記の記事も併せてご連絡ください。

≫動画編集の手順|初心者でもYouTube動画を作れる7ステップ

④YouTubeチャンネルを開設する

動画データが完成したら、アップするためにYouTubeチャンネルを開設しましょう。

まずは、Googleアカウントを作成してYouTubeにログインします。

Googleアカウントをすでに持っている場合、新たに作成する必要はありませんが、個人のアカウントを使いたくない方は新しく登録するのがおすすめです。

アカウントを作成したら「チャンネルを作成」から開設し、チャンネル名などを設定しましょう。

≫YouTubeチャンネル作成詳細

⑤動画を公開する

チャンネルを開設できたら、作成した動画データをアップしましょう。

アップする際は、動画のタイトルや説明文、タグなどを設定します。

検索などで見つけてもらいやすくするためにも、動画のジャンルやキーワードを細かく入力してください。

また、サムネイル画像も設定できるため、動画の内容が一目で分かるような画像を用意するのがおすすめです。

視聴者はサムネイル画像から動画を見るかどうか判断するため、興味をもってもらえるようなインパクトのある画像にすると良いでしょう。

最後に、公開設定で日時を決めたら作業完了です。

YouTube動画制作3つのポイント

YouTube動画制作の3つのポイント

YouTube動画を多くの方に見てもらうためには、以下のポイントを抑えて作成することが大切です。

・ストーリー性をもたせる
・トリミングで無駄を省く
・サムネイル画像をこだわる

それぞれ、詳しく見てみましょう。

ストーリー性をもたせる

企画・構成を練る際は、動画の目的とともにストーリー性も意識して作成しましょう。

たとえば、オープニングからエンディングまでを「起承転結」の流れで作成すると、動画にメリハリが付いて視聴者を惹きつけられます。

短い動画で起承転結を意識するのは難しいかもしれませんが、単調な動画では視聴者に最後まで見てもらえない可能性があるため、ストーリー性をもたせる工夫をしてみてください。

また、その時々のトレンドなどを取り入れるのもおすすめです。

カット編集で無駄を省く

YouTube動画はカット編集が大切とご紹介したように、いかに無駄なシーンを省いて視聴者を飽きさせないかが重要です。

編集時は長い動画素材を10分以下にまとめることが多いため、どのシーンを使用するのかで印象も変わります。

動画の内容にもよりますが、動きの少ないシーンがたくさん使われていると見ている人は飽きてしまうため注意しましょう。

なるべく無駄な間ができないように、カット編集時は意識してみてください。

サムネイル画像をこだわる

YouTube動画を視聴する際、多くの方がサムネイル画像から動画の内容を想像して再生するかを決めます。

動画を視聴してもらうためにも、サムネイル画像は分かりやすく興味を惹くデザインにしましょう。

サムネイル画像を適当に設定すると、せっかく動画を作り込んでいても視聴してもらえない可能性が高くなってしまいます。

また、インパクトにこだわるあまり動画の内容と異なるサムネイル画像を設定すると、「誤解を招く動画」としてYouTubeのコミュニティガイドライン違反になることがあるため注意しましょう。

YouTube動画制作にかかる費用相場は?

YouTube動画制作にかかる費用相場は?

流れやコツを理解しておけば、初心者でもYouTube動画制作は可能ですが、クオリティを求めるのであれば、プロの制作会社に外注するのが一番です。

動画制作会社に依頼する場合、内容や長さによっても異なりますが、企画から編集まで1本単価で5~10万円程度で作成する事も可能です。

CGなど特殊な加工を施す場合は料金が上がるため、まずは相談してみるのがおすすめです。

まとめ

まとめ

本記事では、YouTube動画制作の基本的な流れや制作時のポイント、外注した場合の費用相場をご紹介しました。

YouTube動画は、流れとコツさえ分かっていれば初心者の方でも十分作成できます。

しかし、クオリティの高い動画を求める場合は、プロに相談するのがおすすめです。

まずは、どんな動画を作成したいのか考え、動画制作会社なども活用しながらYouTube動画制作をしてみてください。

【解説】YouTube動画の種類と目的別の動画活用法

YouTubeを始めたいけどどうすればいいのか分からないとお悩みですか。YouTubeは観るだけでなく、自ら動画を投稿できるのも魅力のひとつです。この記事では、YouTube動画の種類と活用方法についてご紹介します。
2021年7月30日