動画広告の種類と効果

「動画広告を打ちたいけど、実際に効果はあるのかな?」

そのようなご質問にお答えします。

本記事の内容
・動画広告の種類
・動画広告で期待できる効果
・他の広告との比較

自社商品を販売したり、サービスの認知度を高めるために動画広告は有効です。

文字や静止画だけでは伝わりにくいことでも、動画にすると視聴者にもわかりやすく、購入や申し込みに繋がります。

しかし、動画広告を打つには費用がかかりますし、費用に見合った効果が期待できるのかも気になるところだと思います。

そこで本記事では、動画制作に携わり、業界歴15年の弊社が動画広告の種類や効果について紹介します。

動画広告を打って自社ブランドの確立や売上アップを図りたい企業様は、ぜひ最後まで読んでみてください。

   

動画広告の種類

動画広告の種類について

  

まずは動画広告の種類を知っておきましょう。

動画広告には、以下の3つがあります。

   

インストリーム広告

インストリーム広告とは、動画の開始前・途中・終了後に流れる広告のことです。

YouTubeに代表され、スキップ可能な「スキッパブル広告」と、スキップ不可の「ノンスキッパブル広告」があります。

Googleのアルゴリズムによって視聴者に適した動画を流してくれるので、ターゲット層にリーチしやすいというメリットがあります。

インストリーム広告は、表示回数や再生時間による課金制なので、動画広告を初めて行なう企業や、低予算で行ないたい方におすすめです。

»【解説】YouTube動画の種類と目的別の動画活用法

   

インリード広告

インリード広告とは、SNSのユーザーが画面をスクロールしているときに表示される広告です。

Facebook・Twitter・Instagramなどで使用され、SNS上に広告画面が表示されたときに自動的に動画が再生されます。

インリード広告は、各SNSのユーザー属性を理解して行なう必要があり、自社ターゲットに正しくリーチされれば購買促進に効果的です。

スマホでの配信が前提のため、若年層やスマホユーザーに向けた商品サービスを販売している企業におすすめです。

   

インバナー広告

インバナー広告とは、Yahoo!のトップページなどに表示されている広告です。

ターゲットを設定できるので、効率よく自社商品を宣伝できます。

ユーザーの検索ニーズに合わせて広告を表示でき、購買促進を目的としている企業に向いています。

効率よく自社ブランドや自社商品を浸透させる効果があるので、SNSよりもメジャーサイトやまとめサイトなどに広告を出して集客したい企業におすすめです。

   

動画広告で期待できる効果

動画広告の効果

    

動画広告を打つと、次のような効果が期待できます。

   

短時間でも訴求力が高い

動画は1分あたりWebページ3,600Pもの情報量があるといわれます。

メディアやSNSに流れている広告は流されやすいため、静止画や文字だけで視聴者を留めることは困難です。

動画であれば視覚と聴覚の両方から自社商品をアピールできるので、より効果的に宣伝ができます。

実際に商品を使っている動画を流せば視聴者の欲求を刺激し、購買意欲も高まります。

   

集客力が強い

動画広告はターゲットの拡大に向いており、強い集客効果が期待できます。

特に若年層はスマホでの動画視聴が定着しており、SNSの利用率も高いです。

買い物も実店舗に行かず、ネット上で購入する人が増えているため、SNSを見ながら気になった商品があればそのまま購入するという流れが定番になってきています。

また、気に入った商品の写真を撮り、ハッシュタグをつけて投稿することでSNS上で拡散されやすく、認知拡大にも効果的です。

   

クリックされやすい

動画広告は視認性が高く、クリック率が高いと言われています。

実際にモバイル広告の運営会社やアプリマーケティング会社の調査によると、動画広告はディスプレイ広告よりもクリック率が7.5倍も高いことがわかっています。

ターゲットに適した動画広告を表示することで印象にも残りやすく、購買意欲も徐々に高まっていきます。

動画広告が何度も繰り返し表示されると、関心が高まった状態でクリックしてもらえるので、クリック後の購入率も高まります。

   

他の広告との比較

動画広告以外との比較

株式会社電通と、株式会社ディーツーコミュニケーションズによる調査報告「iPhone向け動画広告効果調査(株式会社電通・株式会社ディーツー コミュニケーションズ)」によると、動画広告はバナー広告よりも1.7倍印象に残ることがわかったそうです。

さらに、動画広告を視聴した40%の人がサイトを閲覧するなどの行動を起こしたことがわかりました。

また、ネスレ日本株式会社がFacebook広告の成約率や流入経路を分析したところ、動画広告を活用すると通常より40倍も成約に繋がりやすいことがわかりました。

このように、動画を活用したマーケティングは、単に流行っているというだけでなく、実際に数値としても効果が証明されています。

   

まとめ

動画広告は、顧客のニーズに合わせよう

    

動画広告には3つの種類があり、それぞれ特徴は異なります。

自社商品との相性や、ターゲット層の視聴ニーズに合わせて広告の種類を選んでみてください。

弊社では動画制作を行ないながら、各企業様に適した動画の活用法もご提案しております。

広告用の動画を制作したい方や、動画の活用法がよくわからないという方は、ぜひお気軽にご相談ください。

動画広告の種類|他の広告媒体との比較

動画広告の出し方についてお探しですか。様々な広告があるなか動画広告の露出は右肩上がりで増えています。今回は、動画広告の種類や公開について詳しく解説していきます。
2021年8月1日

PR動画の作り方|印象に残る動画を作るコツと注意点

PR動画の作り方についてお悩みですか。コロナ禍の影響もあり、企業のPR動画の需要は伸びてきています。今回は、効果的なPR動画を作る具体的な方法について解説していきます。
2021年8月3日

動画プロモーションを行なうメリットと各媒体の特徴

動画を使ったプロモーションの方法をお探しですか。近年、動画プロモーションを行う企業が増えています。動画は、文章では伝えきれない情報を届けることができます。今回は、動画プロモーションのメリットについてお話します。
2021年8月5日