現代ではネットをはじめさまざまな環境で動画を見る機会も増えています。動画を見て購入する商品を決める、といったケースも多いでしょう。動画は商品をアピールするうえで、メリットの多いツールです。そのため、どのような動画が有効となるのかは非常に重要です。動画におけるメリットやどういった動画を作成すればいいのか、といった点について知っておきましょう。

■動画作成アプリ・ソフトの便利な機能
さまざまな動画作成アプリやソフトがありますが、その中には便利な機能が搭載されているものも少なくありません。どのような機能があるか、主なものを紹介しましょう。

・ストーリー作成機能
動画というのは、動きだけではなくBGMも大切な要素です。音楽や写真を組み合わせて映画のような作品に仕上げてくれる機能がストーリー作成機能です。写真や動画を選ぶだけで、BGMに合わせた作品に仕上げてくれる機能を搭載しているものもあります。スライドショーだけよりも、楽しみながら見ることができる点がメリットです。

・タイトル・コメント機能
ムービー作品のような動画に仕上げるほか、より分かりやすく、伝わりやすくするにはタイトルやコメントが効果的です。タイトル・コメント機能があれば、映像に字幕のようにコメントを入れたり、動画の雰囲気に合った文字の形などを選んだりすれば、より雰囲気が伝わりやすくなるでしょう。ユニークなコメントでより面白く表現することも可能です。個性あふれる作品づくりにはおススメの機能です。

・顔認識機能
アルバムなどを作成するときには、写真を探す機能が搭載されていると便利です。その機能の一つが顔認識機能です。この機能は、撮影したときに写っている人物の顔を認識し、その人ごとに写真をまとめてくれるという便利な機能。さらに日時やトピックスなどからも写真を探せる機能もあります。

・自動作成機能
写真や動画を自動でまとめて動画にしてくれる機能もあります。自分で編集をしなくても、自動で保存されているデータで編集してくれるという便利な機能です。

■効果的な動画とは?
動画の視聴回数が多い、費用対効果が高い、そんな動画を作成できればさまざまなメリットが生じます。メリットが多く効果的な動画というのは、どういったポイントがあるのでしょうか?

・ブランディングやターゲティングが明確
出回っている動画を作成しても効果的とは言えないでしょう。企業価値や商品価値を理解してもらい、他社との差別化を図ることが大事です。ブランディングが明確に行われることで、印象づけることも可能ですし、イメージもアップします。他社との差別化を図ることもできますし、認知度も高まるでしょう。そのためにも、分かりやすく、伝わりやすい映像や音楽などを使った印象的な動画が必要となるわけです。

また、ターゲットを絞り込むことで、印象的な動画が作りやすくなります。訴求する内容も濃く、シンプルになるので分かりやすくなるというメリットが生じるでしょう。明確なブランディングによって作成された動画を見てほしいのはどういったターゲットか、もしくは明確にしたターゲットにはどのような動画が必要か、といった点から作成することで、伝わりやすい動画を作成することができます。

その際のターゲットは、性別や年齢、仕事、居住地のほか、生活パターンや趣味など細かく設定することが大切です。

・エンゲージメント率が高い
視聴者と動画作成をする側の結びつきが強くなければ、効果的な動画とは言えません。効果的な動画は、エンゲージメント率が高いことも必要です。クリックした人数やいいね!の数、コメントやシェアの人数が高いなど、動画の効果を見るためのエンゲージメント率をチェック。閲覧者の反応の度合いを確認することで、映像を作成する側と閲覧者の結びつきはどの程度あるのか、といったことを判断しましょう。

・実写よりもアニメがわかりやすいこともある
コラボやハウツー映像、ストーリー性の高い映像など、映像の表現方法はいろいろです。伝わりやすい動画、印象的な動画というとリアルな実写が効果的、ということも言えますが、中にはアニメの方が分かりやすいこともあります。特に実写ではあまり好感が持てない商品やサービスなどをアニメにすることで、分かりやすく、好感のもてる動画になるでしょう。アニメは表現の幅も広く、ストーリーも作りやすいです。分かりやすいという点においても、アニメは大きな効果があると言えるでしょう。

■動画作成を依頼するときのポイント
動画を作成する業者は数多くあります。その中からどのようなポイントに注意して業者選びをすればいいのでしょうか?

・商品・サービスに最大限の理解がある
作成する商品やサービスのことを理解していなければ、個性のある伝わりやすい映像を作成することはできないでしょう。商品やサービスに対する研究をしている、知識を深めるなどの努力をする業者であることは重要なことです。また、どんなに質の高い映像を作成することができても、クライアントの意見を聞かずに作成する会社は信頼できません。クライアントの意見をしっかりと聞き、要望をきちんと反映できる映像を作成する映像制作会社に依頼することが大事です。

・エンドユーザーにまで伝わる表現ができる
クライアントの商品やサービスを理解したうえで、その魅力をエンドユーザーに伝わる映像を作成してくれる制作会社であることが必要です。そのためには、どのような伝え方がいのか?さまざまな表現方法ができる業者を選びましょう。

・実績が高い
実績を確認することは大事です。どのようなジャンルの動画を作成しているか?どういった企業の動画を作成しているか?など制作実績を確認するとともに、品質をチェックしましょう。映像にはテレビCMやニュース、教育用ビデオ、プロモーションビデオなどさまざまな種類があります。それぞれ専門分野があり、得意とする分野もありますので、適した制作会社を選ぶことが必要です。

・編集技能に優れている
ストーリー性のある、インパクトのある動画を作成するには、企画力や、分かりやすいシナリオが必要です。編集技能に優れている業者であれば、質の高い映像を作成することができるでしょう。また、編集技能に優れていても、予算内でおさまらなければ依頼することができません。映像の質と費用のバランスが取れているかという点も確認しましょう。

・CGなど、幅広い技法を扱える
高いクオリティーでインパクトのある映像を作成するには、撮影のスキルや編集、さらにさまざまな技法を扱えることも必要です。CG作成、3Dなど、高度な制作技術があると頼もしいです。

インディゴは、映像企画制作・モーショングラフィックを得意分野とする会社です。テレビCM、プロモーションビデオ、WEB映像などさまざまな種類の映像制作の実績があります。企画や絵コンテから編集のイメージまで統一できるというメリットがあります。また、それぞれの分野を得意とするカメラマンの準備、素材を最大限に発揮させる編集スキル、ハリウッド映画でも使用されている3DCGソフトの導入など、高度な技術も持っています。このような技術と実績を持つインディゴは、モーショングラフィックに定評があり、多くの番組タイトルやオープニング映像なども手掛けています。動画作成を依頼するなら、動画作成において実績の高い、映像制作会社のインディゴにお任せください。